作詞コース

作詞の記事一覧

作詞のポイントとしては1番と2番で文字数を変えること

作詞をしていく際に1つ意識してもらうと良いこととしては、1番と2番で違いを生むということです。 どうやって違いをつけるか?ということも言えますが、作詞において違いをつけるとすれば歌詞の文字数になります。 1番と2番というのは、同じ箇所であれ […]


作詞のオーディションはたくさんあります

作詞のオーディションというものは、結構やっています。 ですが、大々的に宣伝しているところはそれほどないので、自分から見つけに行くしかないのです。 なんとなく受身になってしまう人もいるかとは思うのですが、それではチャンスをたくさん逃しているか […]


作詞のやり方として韻を踏む必要性はあるの?

作詞をするときのテクニックと言えるものの1つとして韻を踏むということが挙げられます。 これは有名なミュージシャンが歌う曲の中も使われているもので、聴いている人からすれば韻を踏んでいるというのがよく分かると思います。 ただ、韻を踏むというテク […]


作詞のための投稿サイトで切磋琢磨して能力を高めましょう

近年はインターネットの利用の幅もグンと広がり、様々な情報交流の場が持たれています。メディアでは悪しきサイトばかりが取り上げられる傾向にありますが、その裏には何百倍、何千倍もの数の有益なサイトがあるのに、です。そのような有益なサイトでは、共通 […]


秋元 康さんの幅広いジャンルの作詞力

秋元 康さんに憧れて作詞家になりたい方は、とても多いと思います。 彼が手掛けた100曲を超える作品がチャート1位になり、シングルの総売上枚数も、歴代1位の成績だそうです。 他にも、たくさんの賞を受賞されていて、日本を代表するアーティストだと […]


作詞家を志す者にとってコンペは大変重要

世の中には様々な職業がありますが、作詞家ほど「やりがい」や「生きがい」に満ちた職業を私は知りません。 作詞家というのは、自分の(曲の)世界観であったりイメージを楽曲に投影しなければならず、センスや才能が大変重要になってくる職業であります。 […]


私の心を鷲掴みする、作詞家・阿久 悠

1972年生まれの私は物心ついた頃から、作詞家・阿久悠の曲を常に耳にしながら育ってきた。 一番最初に夢中になったのはピンクレディのペッパー警部だった。 幼すぎて意味はわからなかったが、歌詞のPOPさや突拍子もない言葉に羅列に子供ながらに心を […]


作詞のモチベーションをなるべく下げないコツ

作詞のコツというのは色々あるわけですが、その人に合ったものを見つけるという作業はとても難しいものです。 大半の人に合うものが自分に合うとは限らないので、えり好みせず色々やってコツを掴むというのが重要なのかもしれません。 それに、作詞をすると […]


井上 陽水の底知れぬ作詞の世界

日本人シンガーソングライターの大御所の名前を挙げなさい、というクイズがあったとしたら、真っ先に名前が挙がるシンガーソングライターの一人が、井上 陽水です。 歌手であり、作詞家、作曲家であり、音楽プロデューサーでもあります。 自分で作って自分 […]


作詞のポイントとは

作詞をするときは、軸になるものを決めておいたほうが良いのかもしれません。 例えば自分で決めた3つの言葉は必ず入れるとか、明るいかんじにするとか、逆に絶対にこうならないようにするとか、作詞の前に何かしら決めておくと、ぶれることが少なくなるかも […]