作詞コース

作曲を上手く行うコツは従来のやり方に囚われないこと

作曲というのは昔は楽器を使って行っていたと思います。

今でも楽器を使いながら作曲をするケースはありますが、割合としては少なくなってきているかもしれません。

今はパソコンを使って作曲をする人も増えましたし、それぞれの得意なやり方を生かして作曲をするケースがとても増えたのです。

したがって、作曲の方法というのが非常に多様化してきており、その中で上手く作曲をするコツというのは自分に合った方法を選ぶということになると思います。

そして、中には楽器も弾けないし、パソコンも得意ではないという人もいます。

そういった人は作曲をどうするのか?できないのか?と疑問かもしれませんけど、実はまだ方法自体は残っています。

それは歌うと言う方法です。

自分で歌うことによって作曲をすることは可能で、それをやっている人はいます。

したがって、楽器は弾けないし、パソコンも得意ではないけど、作曲がしたいという人でもなんとかなる方法は存在するのです。

アカペラで歌って作曲をする人もいますから、歌を駆使して作曲ができるというのは知っておくと良いと思います。

それぞれの得意分野を生かして作曲をすることが重要なので、アカペラで作曲ができるという人ならばその方法を選ぶと良いのです。

アカペラで作曲をするというのは従来のやり方からするとマイナーかもしれませんが、方法がメジャーか?マイナーか?というのはあまり気にしない方が良いですし、囚われない方が良いのではないか?と思います。

そこがコツになると思うのです。アカペラで作った曲についても、それを録音しておくと作品として残るでしょうし、他の方法で作曲をする場合と比べて、大差があるということにはならないと思います。

したがって、アカペラという作曲の仕方が1番向いていると思う人や楽器やパソコンを使っての作曲が苦手という人は、歌うことで曲を作るという方法を実践してみると、上手くいきやすいのではないか?と思います。

「作曲を上手く行うコツは従来のやり方に囚われないこと」は、いかがでしたか?