作詞コース

作曲はできないと諦めるのは早い!チャンスは色々あります

歌が好きな人の中には、自分でも曲を作ってみたいと考える人がいるかもしれませんね。また作詞が得意な人であれば、自分で考えた詞に自分で曲をつけてみたいと考えるかもしれませんね。
一般的に、作詞は考えやすいけれど作曲となると専門的な知識が必要なのではと考える人が多いようです。「譜面が読めない」「譜面が書けない」と言った場合は、作曲はできないというイメージが先行します。ピアノを習っていた人や何かの楽器に触れたことがある人であれば、楽譜に慣れているため曲作りの基本的な知識があると言えますが、全くそのような経験が無い人は、作曲はできないと始めから諦めてしまっている人も少なくないでしょう。
しかし有名な作曲家の中には、専門の知識が無かった人でも活躍している人がいます。作曲ができないと、一概に決めつけてしまうのはもったいない話です。最近はパソコンを使って、簡単に曲作りが楽しめるソフトやアプリなどがたくさんあります。その分野に詳しい人なら、すぐに始められるのではないでしょうか。何となく作曲に興味があるという人であれば、まずはそんな方法で曲作りに親しんでみるのも、一つの方法としておすすめです。
また、より詳しく学びたい場合は、作曲の教室に通うと言う方法もあります。週に数時間習うようなスタイルのスクールが多く、費用面や時間の面での負担が少なく、気持ちの面でも気軽に始めやすいでしょう。曲作りに精通した先生が、初心者の人にも分かりやすく教えてくれます。中には有名な曲を作っている先生が教えてくれるスクールもありますから、より実践的なアドバイスが得られるチャンスと言えます。スクールで作曲の基本的な知識や方法、コツなどを学ぶことで自信が湧いて、「作曲ができない」という気持ちが払拭される可能性は大きいのではないでしょうか。そのようなスクールでは作曲のノウハウばかりでなく、公募情報や作曲家の現状などの情報も得られます。作曲の世界に踏み込む足掛かりとして、通ってみるのも良いですね。

「作曲はできないと諦めるのは早い!チャンスは色々あります」は、いかがでしたか?