作詞コース

作曲のコンペに参加する意義とは?

作曲家になりたい、作曲の仕事がしたいという夢を持っている人も多くいるのではないでしょうか?

そういった人が夢を叶えるためにはいろいろな方法がありますけど、その中にはコンペがあるので知っておきましょう。

コンペというのは、どういったことか?というのはなんとなくは分かると思いますけど、作曲に関するコンペでは専用の事務所にそもそもの募集が出されることもあります。

そういったケースではその事務所に所属していないといけないのですが、その事務所に新たに作ってもらいたい楽曲の条件などが与えられて、そこに所属する人たちが自分で実際に作曲をしていって、それを提出していくことになります。

事務所のチェックを経て、問題がなければその作った曲が募集をかけた会社に行くということになり、そこで審査を受けることになると思われます。

作曲家を目指している人は、こういったコンペを受けていくということが割と多いと思いますが、コンペに参加する意義というとどういったものがあるでしょうか?

やはりコンペに参加する意義というのは、プロの人たちに自分の作った曲を聴いてもらうことができるということです。

事務所のチェックをクリアすれば、それは元々楽曲を募集しているところにいって、そこで実際に聴かれるわけです。

採用されればもちろん嬉しいでしょうけど、不採用であってもプロの人たちに評価の対象にしてもらえるという機会がなかなかあるものではないですから、そこは大きいのです。

仮に不採用だったとしても、次はプロに認められるようなものを作ってやるというモチベーションにもなるかもしれませんから。

通常は一般人に聴いてもらうような機会はあったとしても、こういったプロの人たちに聴いてもらえる機会はないというのが大きいですし、仮に採用されればそこからいろいろなレコード会社の目に留まって、作曲の仕事が増えていくなどのこともあるかもしれませんから、可能性が広がるということなのです。

「作曲のコンペに参加する意義とは?」は、いかがでしたか?