作詞コース

作曲のコンペで良い結果を出すためには情報収集が欠かせない

作曲のコンペで自分の曲を採用してもらうためには何が必要でしょうか?

1つ重要なのはやはり情報収集です。情報収集といってもいろいろな考え方がありますが、ここでいう情報収集というのは、募集している側がどういう曲を求めているのか?の情報収集です。

そこに時間と手間をかけることが意外と重要だったりします。

というのも、コンペを募集しているところはいろいろな形で情報発信をしており、それぞれで書いていることが違っている場合も考えられるからです。

例えば、コンペを募集している会社のホームページを見たときに、コンペ開催を知ったというケースではそのページしかほぼ見ないと思いますが、それ以外でも実は同様のことを会社が行っている場合があります。

今ならばSNSを通じてお知らせを出しているケースがあり、TwitterやFacebookなどを通じて募集を多くの人に流すことがあるのです。

そういったところも見ておいた方が良い場合があります。

ホームページには載っていないヒントなどが隠れていることがあるので、そこからアイデアが出てくる可能性があります。

また、コンペで楽曲を募集しているアーティストが分かっているときには、そのアーティストについても調べてみる必要があります。

そのアーティストのこれまでの楽曲などについて詳しく調べたりすることもそうですが、そのアーティストのブログ、Twitter、ホームページなども詳しくチェックすることでヒントが生まれる可能性があるからです。

作曲のコンペにおいては、そのコンペにおいて指定されている募集の条件を理解するだけではなくて、そのうえでどういった曲を作れば良いのか?の想像を膨らませるためのヒントを探す作業が必要になる場合があります。

そういったときにはこういう努力が少しでも実を結ぶ可能性があると思うのです。

したがって、作曲のコンペに応募するときには、応募する前に情報収集をしっかりやっておくと少しでも当選する確率が上がる可能性があります。

「作曲のコンペで良い結果を出すためには情報収集が欠かせない」は、いかがでしたか?