作詞コース

作曲のやり方としては歌詞を先に考えてみるというものがある

作曲のやり方はいろいろなものがあって、それぞれでやりやすい方法を実践してもらうと良いと思いますけど、1つ重要なのは作曲をするときにいきなりメロディーを考えないといけないことはないということです。

というのも、作曲をするときには歌詞を先に作って、そこからメロディーを考えるという人もいますから。

どうしても先にメロディーを作って、そこに歌詞をのせるという順番をとっている人がいるかと思いますけど、そういったやり方が間違いというわけではないですけど、そういうやり方に固執する必要はないというのは知っておきましょう。

したがって、作曲をするときには歌詞をまず考えて、そこからメロディーを作るという流れにするとスムーズにいく可能性があるというのは知っておくと良いと思います。

人によってどちらが良いか?というのは異なりますから。

作曲をするときにはいきなりメロディーを作ってもスムーズにできる人と歌詞があった状態からメロディーを作る方がスムーズにいく人という、2つのパターンがあるので、自分がどちらに当てはまるのか?の見極めも重要ですけど、どちらかをすでに試していてあまり上手くいっていないという状況ならば、もう1つの方を試してみるというのでも良いのではないか?と思います。

柔軟に作曲のやり方に関して変更を利かせていくというのも重要ではないでしょうか?

ただ、先に歌詞を作ってから作曲をするときに1つ問題としてあるのは、メロディーもない状態から歌詞を作ることになるので、それも人によっては難易度が高い場合もあるということです。

したがって、誰にとっても万能な方法はないということになります。

しかし、それぞれの方法において向き、不向きという差は少なからずあると思うので、どの方法にもデメリットのようなものはあると覚悟のうえで、どれが自分にとって1番合っているか?の判断を行っていくというのが必要と言えると思います。

それは作曲を初めて行うときも、すでに行っているけどあまり上手くいかないと感じたときもです。

「作曲のやり方としては歌詞を先に考えてみるというものがある」は、いかがでしたか?