作詞コース

現役のプロ作詞家
“遠藤幸三”が指導

先生のプロフィール写真 先生のプロフィール写真

▼先生のプロフィール

クオンサンウ、つるの剛、リュシオン、北乃きい、中森明菜、高杉さと美、岩崎宏美、稲垣潤一、麻倉未稀など多くのボーカリストに歌詞を提供。

「おかあさんといっしょ」「みんなのうた」「母と子のテレビ絵本」「ポンキッキ」などに、数多くの子供の歌を提供。体操の歌「ぞうさんのあくび」は、1990年度年間最多テレビオンエア賞を受賞。

著書に「作詞本」「作詞・作曲ドリル本」(共にシンコーミュージック)などがある。

グループレッスンまたは
個人レッスン

自分に合ったスタイルで学べます

グループレッスン

月謝¥10,800
(60分×4回または80分×3回)

作詞コースのグループレッスンは、3段階の進級システムで開講しております。

【基礎科】

火曜19:00〜20:00
(月4回/60分:期間3ヶ月)

歌詞作りの基本を丁寧にレッスンしていきます。基礎科は3ヶ月で修了する科とし、1月・4月・7月・10月で入学者を募集致します。基礎科を修了した方が【本科】へと移ります。

【本科】

火曜20:00〜21:00
(月4回/60分:期間4ヶ月〜12ヶ月)

本科は作詞の応用や、プロのコンペにも使われた楽曲などを使い作品のアドバイスと直しを中心にレッスンしていきます。本科を9ヶ月以上受講した方は【研究科】へ移ることが可能です。

【研究科】

金曜19:00〜20:20
(月3回/80分:期間12ヶ月以上〜)

日曜17:00〜18:20
(月3回/80分:期間12ヶ月以上〜)

研究科は実際にプロの作詞コンペに月1 回作品を提出したり、課題に対しての徹底したアドバイス等、プロを目指すためのレッスンをおこなっていきます。研究科へのクラス移動は、本科を9 ヶ月以上受講した方が対象となります。

個人レッスン

月謝¥21,600
(30分×4コマ)

作詞コースの個人レッスンは、生徒さん一人一人に合わせたレッスンをおこなっています。

趣味の方からプロを目指す方まで、丁寧にレッスンしていきます。

レッスンが進むと、プロの作詞コンペに参加できるようになります。

作詞コースの
生徒さんの声

ATOには、技術を磨く場と、
チャンスがあります!

茶屋尚伊さん

作詞のレッスンを行っている教室はとても少なく、このATOの作詞コースは良質なレッスンを受けられる貴重な場所だと思っています。

毎回の課題を通して、作詞をする上での基本的なルール、提供アーティストを想定した歌詞の書き方など、一歩ずつ着実にステップアップできています。

レッスンだけではなくコンペにも挑戦させていただきました。コンペに採用された際には、これから作詞を行っていく上での大きなモチベーションになりました。

Y.Oさん

昔から作詞に興味がありましたが、一曲書き終えたこともない状態でした。

自分だけだと、書いたり書かなかったり、未完成のままとなってしまう事もありますが、毎週レッスンがあるので、書く癖がつき、最後まで書ききることができるようになりました。

また、一人で書いていると、どうしても自分だけの目線や感情に偏り、ひとりよがりの作品になりがちですが、先生や同じクラスの生徒に見てもらう事で、他人にわかるように書こうという気持ちになり、また、様々な意見を頂く事で客観的に書けるようになりました。

研究科の生徒が参加できるコンペ以外にも、全クラスの生徒が参加できるコンペもいくつかあり、そこで入賞を果たすことができました。これは大きな自信になるとともに、今後はもっと言葉に責任を持って書いていきたいと思うようになりました。

ATOの作詞コースには、技術を磨く場と、チャンスがあります!

内藤麻貴さん

実は、以前にも作詞を勉強していたのですが、思ったように書けず、結果も出ず…。

自分の書いたものを実際にメロディーに乗せてみると、想像通りに歌えなかったりしませんか?でも、ATOのレッスンは、レベル感に合わせて技術面のフォローをしつつ、書きたい世界を広げてくれます。

また、今回、iTunes配信用の作詞コンペで詞を書かせていただきましたが、遠藤先生と一緒に直しも重ねています。この直しの作業でサビのフレーズに合うワードが生まれたり、大変ながらも作品の精度が上がってくるのが分かりました。

木村哲也さん

僕は元々舞台やったり、声優やったりの役者志望だったのですが、大きなチャンスに恵まれず足を洗って『もう地元に帰ろうか』と諦めていた時にたどり着いたのが、こちらの教室でした。

レッスンを受け始めて数か月後に、コンペのお話をいただきました。書いてる時は自信あったのに、提出した後に読み直すと「ここはこうした方がよかったかな〜」と段々自信がなくなりました。

しばらくして「木村君のが採用されました!」と言われた時は、レッスンの直前だったので、早く親に電話したくて仕方がなかったですね。(笑)

遠藤先生のレッスンでは「作詞とは」みたいな作詞本に載ってる基礎みたいな事はせずに、いきなり書いてきたのを発表します。そこから「こうしたらもっとよくなるよ」とコツを教えてくれます。

初めは照れくさかったりしますが、周りも同じ夢を持つ人しかいないのですぐに慣れました。同じ課題曲でも「こんなに明るい曲なのに悲しい歌詞書くなぁ」とか、十人十色で刺激をもらえます。

体験レッスンの
申し込みはこちら

まずはお気軽にお越しください

体験レッスンを1回無料で受講していただけます。LINEまたはメールフォームでお申し込みください。

LINE

友だち追加

AtoNO Records(@atono)を友だちに追加して、LINEのトーク画面からご連絡ください。
始めに「作詞コースの体験希望」とお伝えいただくとスムーズです。

※即時に応答出来ない場合や、自動応答メッセージとなる場合があります。

メールフォーム

お名前
メールアドレス
例:song@atono.co.jp
電話番号
例:0357951551 ※レッスン日確定のために折り返しお電話させていただきます
体験をご希望のレッスン
選択してください
ご希望日

※クループレッスン(基礎科)は火曜19:00〜です

第1希望:
    
第2希望:
    
事前に聞いておきたいことやご希望がありましたら、ご記入ください
例:19時以降に電話してほしい