作詞コース

作詞家の年収はどれくらい?

作詞家になるとどのくらいの給料をもらえるのでしょうか?

作詞家を目指している人は多くいると思いますけど、実際に食べていけるのか?というのは非常に関心があるはずですから、事前に知っておくべき情報の1つになるでしょう。

作詞家の年収というのは平均をとってみてもあまり意味がないと言えると思います。

それはなぜか?というと、格差がとんでもなくあるので、平均は平均として出せますけど、その平均に該当する給料を貰っている人はあまり多くないという現状があると推測されるからです。

つまり、平均と中央値が離れている可能性があるのです。作詞家の年収は上を見たらキリがありません。数千万円、数億円などと金持ちと言って良いくらいの年収を稼ぐ人も一握りいます。

しかし、下を見ると生活ができるのか?どうかも怪しいくらいの年収の人もいます。

音楽業界はこういった状況になっているケースが多いです。

作曲家やミュージシャンも収入の格差はありますし、作詞家も同じなのです。

平均の年収という数字になると300万円、500万円、それ以上とかになると思いますが、自分も作曲家になればそのくらいもらえるか?というと、可能性は高くないと思います。

上がかなり稼いでいるうえでの平均ということになると、その人たちが平均を上げているだけであって、多数派と言えるような層はどのくらいか?というと、平均よりも低い可能性がありますから。

だから、確率的に言うと作詞家になって儲かるということはなかなか難しいという結論になると思います。

それだけの年収を得られるか?というのはケースバイケースでやってみないと分からない部分が多い職業とも言えると思います。

それだけ夢もあるけど、夢だけでは食べていけないという現実の両方を理解しないといけないのではないか?と思います。

安定した仕事とは言い難い面もあるので、そういったことを理解してから実際に目指すか?どうかを考えた方が良いのではないか?と思います。

「作詞家の年収はどれくらい?」は、いかがでしたか?