作詞コース

作詞ができないときは休むもの大事です

仕事となると話が変わってきてしまうのですが、練習だったりオーディションに出すために作詞を行っているのだったら、できないという状況もありえるかもしれません。
仕事だったらできないなんて言っていられませんが、練習だったらありえるかもしれません。
そんなとき、冷静でいることが出来る場合もあれば、パニックになってしまう場合もあるでしょう。
できないときは、いっそ休んでみてはいかがでしょうか。
どのくらい休むかというのはそれこそ人によって違うと思うのですが、いっそ丸1日休んでみるというのもありだと思います。
考えていても、何も出てこないなんてことはよくあります。
それで出てくれば良いのですが、そうもいかない場合は1度リフレッシュしたほうが良いでしょう。
できないということは、必ず出てきます。
そういうときにどう対処するかというのは、大事なのではないでしょうか。
対処出来ないと、そのままずるずるといってしまうかもしれません。
ですが、そこで対処できれば、悩む頻度は減るかもしれませんし、悩む時間も減るのではないでしょうか。
できないからできないままでいるというのは、よくありません。
ですが、休んでみるという選択も、また良いと思います。
どうするかは自分次第です。
休むのは良いことですが、ずるずると休み続けても良いことはありません。
そのあたりは、かなり難しいかもしれません。
ですので、こうしたら必ず再開するなど、メリハリをつけることが大事かもしれません。
そうしないと、結局今やっているものは完成しません。
完成させるために休むこともしなければいけませんし、自分の体に鞭も打たなければなりません。
難しいことですが、乗り越えなければならないことでもあるのです。
乗り越えたら、別の世界が見えてくるかもしれません。
皮がむけた自分が、そこにはいるかもしれません。
そんな自分に出会ってみるために悩むというのも、また良いものではないでしょうか。

「作詞ができないときは休むもの大事です」は、いかがでしたか?